東京の119人感染に小池知事「『感染しない、させない』徹底を」

 東京都は13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに119人報告されたと明らかにした。都内の新規感染者数が200人を下回るのは今月8日以来、5日ぶりで、累計では8千人を超えた。

 小池百合子知事は報道陣に「毎日、数字が動く。基本的にいま数字が増えてきている」などと述べた上で、「皆さんには『感染しない、させない』を徹底していただきたい」と呼び掛けた。

 小池氏は、西村康稔経済再生担当相が12日に東京、埼玉、神奈川、千葉の4都県の今後の状況次第で休業要請を求める考えを示したことについて「前の休業のイメージでは非常に全体の負荷が大きすぎる」と指摘。豊島区による休業要請の協力金に都が財政支援する方針を挙げ、「豊島区を1つのモデルにし、ピンポイントで進める」と述べた。

 都内の新規感染者数は12日には206人報告され、うちホストクラブなど夜の繁華街関連は44人。福祉施設や家庭内、会食での感染が70人を超えた。

 緊急事態宣言解除後に増加傾向が続き、今月に入ってからはほぼ連日3桁で推移。今月9日から12日までは200人台が続き、10日の243人は過去最多となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ