東京都、警戒を最高度に引き上げへ 新型コロナ感染拡大で

 東京都が新型コロナウイルスの感染状況に関する警戒の4段階の指標のうち、最も高い「感染が拡大している」への引き上げを検討していることが15日、関係者への取材で分かった。同日午後に専門家らの会議で現状を分析、最終的に判断。小池百合子知事が臨時の記者会見を開いて感染拡大に強く警戒を呼び掛ける。

 小池知事は15日、都庁で報道陣の取材に対し、都内の感染状況について「なかなか厳しい状況にある」と述べた。政府の新型コロナ対策を担う西村康稔経済再生担当相は衆院予算委員会で、感染防止策のガイドラインを守っていない事業者に対し、新型コロナ特措法に基づく休業要請を出す段階に来ているとの認識を示した。

 都内では7月に入ってから新規感染者が3桁の日が増え、12日までは4日連続で200人台となった。14日時点では直近7日間の平均が173・7人に上り、緊急事態宣言期間中の最大だった167・0人(4月14日)を超える状態になっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ