モバイルSuicaで障害 「チャージできず財布には4円だけ。まさにキャッシュレス」

 JR東日本が提供している交通系ICカードのスマートフォン向けサービス「モバイルSuica」で、15日午前11時35分ごろからネットワーク障害が発生。同サービス専用のスマホアプリで、クレジットカードからのチャージや定期券/グリーン券の購入・払戻しなど、ログインを必要とする全サービスが一時使用できなくなった。同社は公式ウェブサイトや、モバイルSuicaサポート専用のツイッターアカウントなどでユーザーに謝罪するとともに、再開見込みを同日午後6時ごろ、とアナウンス。障害は午後5時6分に解消した。

 チャージ済みの金額には影響しなかったため、チャージ残額が十分あれば交通機関の乗降、対象店舗での支払いには問題なかったものの、たまたま残額が少なかったユーザーからはネット上に焦りの投稿が相次いだ。

 鉄道の駅に関連したものとしては、「モバイルSuicaが緊急メンテナンスで駅から出れなくなった」「モバイルSuicaサービス復旧まで帰宅できない説」と改札から駅の外に出られなくなったという人や、「緊急メンテでチャージ出来んくて詰んでた。駅員さんに理由説明して『おろしに行ってきてもいいですかぁ?』って聞いたら『あー全然いいですよ。』ってすんなり出してくれた」と、駅員の柔軟対応で事なきを得た乗客からの声があげられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ