東京再び過去最多更新 コロナ感染286人 大阪は66人

 東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに286人報告されたと発表した。10日の243人を上回り、過去最多を更新。再拡大の加速が一層鮮明になった。累計では8640人。

 小池百合子知事は16日夜、都の配信動画で286人のうち感染経路不明が137人であることを説明。接待を伴う飲食店など夜の街関連が67人、会食関連も18人に上ったことを明らかにした。20代と30代で196人と7割を占めた。入院患者は760人で重症者は7人となった。

 新規感染者数が過去最多となった背景として、13日の検査数が1日当たりとして最も多い約4700件となったことを挙げた。「検査を進め、きちんと対応することで、感染の人数を下げることにつながる」と話し、検査体制拡充の重要性を強調した。

 また、感染防止対策が不十分な店の利用を避けるよう改めて求め「飲み会の際には飛沫(ひまつ)が飛ぶ大声での会話に注意して」と呼びかけた。都は15日、感染者数急増を踏まえ、感染状況に関する4段階評価の警戒度を最も高いレベルの「感染が拡大していると思われる」に引き上げていた。

 都内の感染者数は5月25日の緊急事態宣言解除後に増加し、今月はほぼ3桁で推移。今月12日までは4日連続で200人台となり、10日の243人がこれまでの最多だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ