藤井新棋聖の誕生に地元・瀬戸市も大興奮 「板谷さんの夢叶った」東海に悲願の初タイトル

 将棋の渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=を下して初タイトルの棋聖位を奪取、史上最年少タイトル獲得の記録を30年ぶりに塗り替えた高校生棋士、藤井聡太新棋聖(17)。その強さの原点は愛知県瀬戸市の将棋教室で幼少期に鍛えられた「詰将棋」にあった。同市では16日、3カ所でパブリックビューイング(PV)が実施され、多くの市民が熱烈応援で17歳を後押しした。

 瀬戸市の「せと銀座通り商店街」で行われたPV。モニターを見ながら応援していた同市の加藤雅臣さん(73)は、「もう、最高です。(藤井新棋聖の)師匠の杉本八段もうれしいと思うけど、杉本さんの師匠、板谷進さんも天国ですごく喜んでいると思う。東海地区にタイトルを持ってきてほしいという板谷さんの夢が叶った」と語った。

 同商店街で洋品店を営む飯島加奈さん(39)は、藤井新棋聖のデビュー後から空き店舗のシャッターに張り付けた自家製の大盤で対局の“実況中継”を続けてきた。「将棋好きが商店街に集い、皆さんが熱く教えてくれる。土日曜に実況中継をやってきて良かった」と大盤を前に涙を浮かべた。

 各PV会場では藤井新棋聖の誕生を祝い、瀬戸将棋文化振興協会が記念のおちょこ計450個を来場者らに配った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ