藤井聡太少年を夢中にさせた詰将棋 「考える力」が天才生んだ

 将棋の渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=を下して初タイトルの棋聖位を奪取、史上最年少タイトル獲得の記録を30年ぶりに塗り替えた高校生棋士、藤井聡太新棋聖(17)。その強さの原点は愛知県瀬戸市の将棋教室で幼少期に鍛えられた「詰将棋」にあった。同市では16日、3カ所でパブリックビューイング(PV)が実施され、多くの市民が熱烈応援で17歳を後押しした。

 30年ぶりに最年少タイトル獲得の更新を成し遂げた藤井新棋聖。天才の原点は幼少期に鍛えられた「詰将棋」にあった。5歳の頃、祖母からもらった将棋セットで対局方法を覚えると夢中になり、愛知・瀬戸市内の「ふみもと子供将棋教室」に5歳から10歳まで通った。

 幼少期から非凡な才能をみせた。将棋教室の入会時に480ページもある将棋教本を渡された。幼稚園児で字が読めなかったが、暗記した定跡などの答えを母や祖母らに代筆してもらい、内容もわずか1年で習得した。当時、教室で指導した文本力雄さん(65)は「昔から詰将棋が強かった。(現在の)読みの深さの基礎は詰将棋で鍛えられた」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ