将棋の藤井棋聖「良いスタート切れた」タイトル獲得後も白星発進

 史上最年少のタイトルホルダーとなった将棋の高校生棋士、藤井聡太棋聖(17)は18日、東京都内で行われた第41回将棋日本シリーズJTプロ公式戦(JT杯)の1回戦で菅井竜也八段(28)と対戦し、103手で勝利した。19日に誕生日を迎える藤井棋聖は17歳最後の対局、タイトル獲得後の初戦を白星で飾った。

 JT杯は前年度の優勝者やタイトルホルダー、賞金ランキング上位者の計12人によるトーナメント。藤井棋聖は賞金ランキング上位者での出場で、2年連続2回目の出場となった。

 JT杯はこれまで、全国各地で公開対局で開催されてきた。しかし、今期は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、都内での無観客対局で行われている。

 対局は藤井棋聖の先手で開始。藤井棋聖の居飛車、菅井八段の振り飛車で進んだ。中盤以降、激しい攻め合いになったが、最後は藤井棋聖が冷静な指し回しで勝利した。

 藤井棋聖は16日、第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局で渡辺明前棋聖(36)=棋王・王将=から棋聖を奪取し、17歳11カ月のタイトル獲得最年少記録を樹立した。

 終局後、記者会見に応じた藤井棋聖は、棋聖獲得後の初戦について、「タイトルホルダーとして臨んだ本局ですが、普段通りに指すことができました」と話し、初戦を白星で飾れたことについては「良いスタートがきれたと思います」と笑顔を見せた。

 17歳最後の対局については「明日から18歳ですが、気持ちを新たに指していきたい」と語った。

 記者会見終了後、将棋の盤駒をあしらったケーキがJTからサプライズでプレゼントされ、藤井棋聖は「すごいサプライズですね。ここまで凝ったものを…」と目を細めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ