東京都、感染状況で最高レベルの警戒度維持

 東京都の小池百合子知事は22日午後、臨時の記者会見を開き、23日からの4連休に不要不急な外出を控えるよう都民に呼び掛ける方針だ。都は会見に先立ち、有識者らを交えたモニタリング会議で都内の感染状況を改めて分析。15日に感染の警戒度を4段階の指標で最も高い「感染が拡大している」へ引き上げた判断を維持し、医療提供体制も同様に「強化が必要」を継続した。7月は月ごとの感染者数もこれまで最多だった4月の3748人を上回る。

 都内では22日、新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が230~240人台に上る見通し。都内の感染者数は21日までに累計が9816人に上っており、1万人を超すのが確実となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ