カップヌードル、橋本環奈のテレカが当たるキャンペーンを実施 ネットの反応「この時代に」「いにしえのアイテム」「クオカードじゃなくて?」

 日清食品は27日、看板商品の一つであるカップヌードルの国内年間売上1000億円達成を記念し、CMに出演している女優、橋本環奈のオリジナルテレホンカード1000円分が1000人に当たるプレゼントキャンペーンを開始した。ネットでは、時代にそぐわないプレゼントとして注目を集めている。

 このキャンペーンは、同商品のツイッター公式アカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートするといった手順で応募できる。同様のキャンペーンは、他企業でも盛り上がりを見せるが、ネットユーザーたちは、今や使うことも目にすることも少なくなったテレホンカードという景品に注目。ツイッターには「この時代にテレホンカード配るってエモい」「今の時代にレトロで良いですね」「令和の時代だからこそ最高」「このキャンペーン凄い。今時テレホンカード!」「て、テレホンカード??クオカードじゃなくて??」「いにしえのアイテム【テレフォンカード】!!」などの書き込みが相次いだ。

 携帯電話が普及したことで、公衆電話やテレホンカードを街中で見ることも少なくなったため「テレカ懐かしい」「テレホンカードなんてまだ作れるのか」といった反応も。「よく色んなテレカ集めてたなぁー」と思い出話を披露し、懐かしむ人や、「今の時代のテレホンカードは非常時の利用かコレクション。環奈ちゃんしっかり飾って眺めて楽しみます!」と活用方法を提案する投稿も見られた。

 また、景品のテレホンカードを配置したキャンペーンビジュアルには「※テレホンカードの使い方は自分で検索してね」の一文が添えられており、これについて「テレホンカードの使い方は自分で調べてねっていうのが日清らしくてめっちゃ好き(笑)」と反応し、おもしろがるネットユーザーも少なくなかった。テレホンカードを使う機会はあまりないだろうが、同社らしいユニークなキャンペーン企画となったようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ