浴衣売れず、野菜高値、家電は好調…コロナ禍と長雨で売り上げ明暗

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が小売業を直撃している。各地の花火大会や祭りが軒並み中止となり、浴衣商戦が苦戦を強いられる一方、ステイホームで空気清浄機や高精細テレビの売れ行きが好調となるなど、明暗が分かれた。さらに、長雨で7月の日照時間が戦後最短となったのに伴い野菜の価格が高騰。長い梅雨が一部を除いてようやく明けて本格的な夏が到来したが、8月商戦の行方は-。

■花火大会、祭りの取りやめ直撃

 「浴衣を着て出かける機会がなくなり、売り上げは例年の半分以下に激減した」

 浴衣などの染色技法「浜松注染そめ」で知られる浜松市で、浴衣の企画・卸売りを手がける「白井商事」専務取締役、白井成治さん(53)は、コロナ禍で各地の花火大会や祭りなどのイベントが取りやめとなった影響を打ち明ける。

 新型コロナの収束がいまだ見通せない中、白井さんは生き残り策を模索。「浴衣の生地はマスクやワンピースなどの素材としても需要がある。伝統の技法を守るためにも、浴衣の生地は涼しく、さまざまな使い道がある素材だということをアピールしていきたい」と話す。

 東京都中央区の百貨店「松屋銀座」の担当者は「浴衣の売り上げは前年の半分近くにまで落ち込んでいる」と語る。

 4~5月のほとんどを臨時休業したことも痛手となった。巻き返しを図るため、セールを開催して自宅で浴衣を楽しむことを提案するなど、例年とは異なる商戦を展開している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ