「狩られたくない」トレンド入りの“他県ナンバー狩り”に戦々恐々 「いいぞもっとやれ」と煽る人も

 一方で、感染が広がっていない地域に住む人にとっては、大都市などからの来訪に対する警戒感も根強いようだ。ツイッターには、嘘か実(まこと)か「最近の母の趣味が完全に他県ナンバー狩り」と打ち明ける人や、「暇だし他県ナンバー狩りしてくる」と“予告”したり、「いいぞもっとやれ」と煽(あお)ったりする人も現れている。

 他人を過度に攻撃する動きに対しては、「地元を守る為にやるとかっていう理由やと思うけど内容によっては普通に犯罪だからな」「なにが『他県ナンバー狩り』じゃ 犯罪者共が」「他県ナンバー狩りなんかされたら絶対しばく」と強く非難するツイートも。栃木県在住とみられる人は「他県ナンバー狩りが恐くて、お隣の茨城県や群馬県にも行けやしねぇ 同じ北関東同士、仲良くしようぜ」と呼びかけていた。

 ツイッターには「他県ナンバー狩りを正義だと思ってやっちゃう人を狩ってやりたい」という投稿も。都市と地方の分断をも招きかねない「他県ナンバー狩り」。人々の心にかかわる問題でもあるだけに、「心が貧しい人が増えたんだね」「他県ナンバー狩りとか草 ナンバー違えど同じ日本国民やぞ?」「人間は本当に醜い生き物だねー!」と嘆く人も少なくなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ