“スターウォーズかと思った” 夜の街に現れた防護服の捜査員にツイ民驚嘆 コロナ禍の捜索に「命がけ」「やりすぎやろw」反応さまざま

 アジア最大の歓楽街とも言われる東京・新宿の歌舞伎町に13日夜、マスクにゴーグル、防護服で完全防備した人たちが現れた。防護服に身を包んでいたのは実は、有名ホストクラブの家宅捜索に向かう警視庁の捜査員ら。店関係者に新型コロナウイルスの感染者がいる可能性を考慮し、防護服を着用したようだ。ネットユーザーは「凄(すご)い出で立ち…」「スターウォーズかと思った」と驚嘆。「歌舞伎町での捜査は命がけですね」「やりすぎやろw」などとさまざまな反応がみられた。

 報道によると、女性を脅して多額の支払いを約束する念書を書かせたなどとして、警視庁は恐喝の疑いで歌舞伎町の有名ホストクラブに所属する20代の男を逮捕。捜査関係者らによると、男は今年7月、10代後半の知人女性に対し、店で飲食をしたなどとして多額の支払いを約束する念書を書くよう強要したうえ、数万円を脅し取るなどした疑いがもたれているという。

 家宅捜索が行われた13日夜の段階では、物々しい雰囲気に衝撃を受け、「歌舞伎町さっき通ったけどやばくないですか~?何があったの?防護服突入ってウイルステロと思って私は即逃げました」とツイッターで実況する人も。14日朝、産経新聞のニュースサイトに防護服姿の捜査員らの写真とともにホストの男逮捕の記事が掲載されると、ツイッターでは「このクソ暑い中ご苦労様です」「この格好で捜索するのも大変よね...」「このコロナ下で職務に当たる警察の方は本当に大変だと思う」などと捜査員らを労(ねぎら)う声が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ