としまえん跡地に“ハリポタ”テーマパーク整備へ ツイ民「ホントにするとは思わなかった!」「時代の流れだねぇ~」

 今月31日で閉園する遊園地「としまえん」(東京都練馬区)の跡地の一部に、人気映画「ハリー・ポッター」のテーマパーク「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京-メイキング・オブ ハリー・ポッター」が整備されることになり、土地を保有する西武鉄道と、伊藤忠商事、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社などが18日、開発に関する契約を締結した。施設の広さは約3万平方メートルに及ぶといい、ネット上では早くも「いいかも!」「としまえん、噂にあったハリーポッター本当だったのか」と話題になっている。

 ニュースリリースによると、ロンドンにある施設「ワーナー ブラザース スタジオ ツアー?ザ・メイキング・オブ ハリー・ポッター」に次いで世界で2番目の開設となる。これまでにない体験型エンターテイメント施設で、ロンドンでの実績に基づき映画「ハリー・ポッター」シリーズで使用された衣装や小道具などが展示される。敷地内に設営される「サウンドステージ」と「バックロット」(屋外撮影用地)の展示スペースを回る所要時間は約半日。2023年前半のオープンを予定しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ