「やるなー!川崎市」修学旅行中止→遊園地貸し切り 称賛と羨望が殺到「千葉もディズニー貸し切りに」との要望も

 川崎市が、修学旅行が中止となった市立小学校114校の6年生約1万2千人のために、遊園地「よみうりランド」を貸し切りにする方針を決めたと神奈川新聞が18日、ネットニュースの「カナロコ」などで報じた。このニュースに、ネット民から称賛の声が集まっている。

 記事によれば、3月をめどに遊園地を3日間借り、参加校を分散したうえで、学校生活の思い出作りとして園内でイベントを開催するという。同市教育委員会は5月に、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に、修学旅行の中止を決めていた。

 ツイッターでは、同市の方針に対し、「これは良いね」「か、川崎市さん…………!!!」「川崎市の市役所にはすてきな大人がいっぱいいる」「やるなー!川崎市。こういうの大事だよ。大人としてさ」「川崎市、素晴らしい! よみうりランド大好き」など、手放しの絶賛が多数寄せられている。

 「こういう取り組みは嬉しいね! 1人も欠ける事なく思いっきり遊んどいで!って出せるように 大人は感染拡大を抑止せねば」と、3月までに安全な態勢を整えようとの呼びかけも見られた。

 修学旅行を予定していた小6や中3の子を持つ親からは、「川崎市の動きもいいと思うし喜ぶ子も大勢いると思う。ただ、皆が皆、嬉しいわけじゃないと思うよ?学校行事大嫌いなうちみたいなのにとっては有り難迷惑でしかない。行きたい子達が楽しめると同時に、行きたくない子達の気持ちも救われますように」「思い出作り大事だよね! 息子はこの春中学卒業したけど、卒業遠足行けなくてかわいそうだったなぁ…」「これいいなぁ。息子の所はまだ中止にはなってないけど 最悪、県内旅行らしい」など、切実な声もあがっている

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ