ジャポニカ学習帳に昆虫復活 懐かしむユーザー続出 カマキリ先生の影響指摘する声も

 文具メーカーのショウワノートが、同社の定番商品「ジャポニカ学習帳」の発売50周年を記念して、8年ぶりに昆虫の写真を表紙に採用したシリーズを期間限定で発売すると発表。ロングセラー商品だけに、子供のころに使ったという人が多く、ツイッターには幅広い世代から反響が寄せられている。

 ジャポニカ学習帳は、1970年の発売の子供向け学習ノートの代名詞的存在で、世界各国の植物を使った表紙写真が特徴。2012年、表紙写真に昆虫が使われなくなり、当時ネットでも話題になった。今回昆虫写真の表紙が復活したのは「漢字練習帳」「自由帳」などB5版のノートのシリーズで、表紙写真のバリエーションは10種類、価格は税抜き各190円。

 ツイッターには、「昆虫に興味を持ったきっかけ」「ジャポニカ学習帳大好きだった。確か表紙の写真の生き物について説明が少し載っていてそれを何度も何度も何冊目でも読んではその生き物に想いを馳せていた記憶がある」「ジャポニカ学習帳の表紙にステータスを書き込んで友達と強さを競い合ってた子供時代。仲間内では虫は全体的に高ステータスという扱いだったから、周りはみんな虫の表紙だった」「虫苦手で触れないけれど、ジャポニカ学習帳はやっぱり昆虫が好き。ずっと見てられる。美しく撮影されてる昆虫だから平気なのかもしれません」「子供の頃 ジャポニカ学習帳欲しくて じいちゃんに泣いてたのんだ事あったな~ 頭固い人だったから なかなか買ってもらえなかったけど」など、小学生時代の思い出とともに懐かしむユーザーからの投稿が多数あがっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ