大阪・関西万博のロゴが大喜利状態!寄生獣にポン・デ・リング…似ているもので大盛り上がり

 2025年大阪・関西万博の運営主体「日本国際博覧会協会」は25日、大阪市で記者会見し「いのち輝く未来社会のデザイン」を表現する公式ロゴマークを発表した。最終候補5作品のうち、細胞をイメージした赤い円形をつなげた作品に決まったが、ネットでは賛否を含め、似ているものやロゴマーク選考委員会のメンバーが話題になっている。

 ロゴマークは、円や楕円など形状や大きさが異なる細胞が環状に連なるキャラクターで、70年万博の公式ロゴの桜をモチーフにした目のような細胞核が特徴。環状の内側の形は大阪府や関西を表現した。

 ロゴマークの決定や会見の様子が報じられると、ネットではそのデザインについて意見が噴出。赤いボディに目のようなものがいくつもあるデザインのためか、ツイッターでは「正直気持ち悪いし恐怖しか感じない」「なんかちょっと怖いねん…」など、否定的な見方を示すネットユーザーが目立った。

 また「一目見た時から百々目鬼にしか見えない」「大阪万博のロゴ寄生獣?」「(交響詩篇)エウレカ(セブン)のコーラリアンやん」など、漫画やアニメに登場する敵キャラクターに似ているという声も多数。フジテレビ系の子供番組「ポンキッキ」シリーズのキャラクター、ムックを思い出す人も多く「万博のロゴマークがムックの化身にしか見えない」という書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ