金魚3万匹展示「アートアクアリウム美術館」が常設開業 ネットで賛否「幻想的で素敵」「金魚が可哀想」

 28日、東京・日本橋に「アートアクアリウム美術館」がオープンした。これまで、夏の風物詩として企画、開催され人気を集めてきたアートアクアリウムが、年間を通して四季折々の空間を演出する大型常設展示となる。ネットでは、すで足を運んだという人の感想や、美しい館内の様子に「行きたいなぁ」などの書き込みが相次いでいるが、生き物を使用した展示に賛否があるようだ。

 作家・総合プロデューサーの木村英智氏が手がけるアートアクアリウムとは、アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムを掛け合わせた新しいアート。2007年に「スカイアクアリウム」としてスタートし、11年からは毎夏に東京・日本橋で開催してきた。

 常設展として開業する「アートアクアリウム美術館」は、「生命の宿る美術館」をコンセプトにアートアクアリウム史上最大の3万匹を超える金魚を展示。日本の伝統文化と最先端のテクノロジーを駆使した演出も魅力の一つで、神秘的なアートの世界を作り出した。また、常設となることで、四季で変わるダイナミックな演出が楽しめるようになる。

 国内だけなく海外でも開催され、これまでに累計1000万人を動員してきた人気の展覧会。多くのファンを持つ人気のイベントに成長した。そのため、常設となる同施設のオープンに、ツイッターには「アートアクアリウム常設になるの嬉しすぎる」「行ったことない…それこそ浴衣着て行きたい…」「幻想的で素敵よね」など、胸を躍らせるネットユーザーの声が相次いだ。夏の風物詩としても定着しているようで「アートアクアリウムが来ると夏って感じがする」という書き込みもあり、「夏しか見られない展示だったから通年あの綺麗な空間が見られるのは良いなあ」と常設になることを喜ぶ人も散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ