愛煙家悲鳴!10月からのたばこ値上げに「ワンコインで買えないのありえん」 非喫煙者からは「まだ安いよ。今の2倍で良い」との声も

 日本たばこ産業(JT)、フィリップ・モリス・ジャパン(PM)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)のたばこ大手3社が10月1日、たばこ製品を値上げすることになった。愛煙家のネットユーザーから「たばこ・・・また値上げかよ いやきついわ」「勘弁してくれよ」「ふざけんじゃないわよ!!」と悲鳴が上がっている。今回の値上げを機に禁煙を誓う人も。一方、非喫煙者からは「もっと価格あげればいいのに。今時タバコ吸う人って迷惑だから」といった声も聞こえる。

 各社のニュースリリースによると、JTではおおむね1箱40~50円の値上げに。例えば、主力ブランドの「メビウス」は1箱490円から540円となり、ワンコインで購入できなくなる。加熱式たばこの「プルーム・テック専用」も同様だ。スモーカーからは「ワンコインで買えないのありえん最低でしょう」「ついに500円台に突入」などのツイートが殺到。「うわあー、たけーよー」「大概にしろよほんま」といった嘆きも漏れた。

 「洋モク」といわれる海外ブランドも例外ではなく、主に20~60円程度値上げされる。例えば、PMの「マールボロ」は主に520円から570円に、BATJの「ケント」(主要銘柄)は460円から500円となる。値上げは10月のたばこ税増税に伴うものだが、「ひでえなあ!!またタバコの値上げ!増税すればするほど税収が減るというのが分からんのかな?」との批判や、「まぁ値上げはわかってることだし一番不満の出にくい税収だからな。まだしばらくは我慢できるわ」とあきらめに近い心情をのぞかせる人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ