コメダ新メニューに“逆詐欺への警告”相次ぐ「実物は写真よりデカイ」

 喫茶店チェーンのコメダ珈琲店を展開するコメダが、季節限定ハンバーガー「コメ牛」を9月1日から期間限定で全国発売すると発表。ツイッターには同店の愛好者から、さまざまな反響が寄せられている。

 コメ牛は、甘辛の特製タレをしっかり絡めた牛カルビ肉と、食感の良い千切りキャベツを、自社製バンズで挟んだハンバーガー。特製のタレは、醤油、ごま、ニンニク、マスタード、唐辛子を合わせた、甘さの中にほんのり辛さの効いた味だとのこと。肉の量は3種類から選べ、110グラムの「並」(710円)をベースに、「肉だく」(1010円)は2倍の220グラム、「肉だくだく」(1310円、いずれも税込み、店舗により価格は異なる)は3倍の330グラムとなる。11月下旬までの販売。

 プレスリリースに掲載された商品画像はインパクト十分。肉だくはバンズから肉がこぼれ落ちそうに見え、肉だくだくになると、もはやバンズの存在感が消し飛んで肉しか目に入ってこないほどだ。

 ツイッターには「はやくたべたい」「絶対食べたい」「こーれーわー行かねば!」「食うまで死ねない」など、同店の愛好者と思われるユーザーから熱い視線が送られている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ