災害への備えは大丈夫? 定番グッズに加えて用意したいのは、現金、感染症対策グッズにプッチンプリン?

 きょう9月1日は、大正12年の関東大震災発生日に由来して制定された啓発日「防災の日」。毎年この日には自治体やメディアから、災害への備えを訴えるメッセージが発信されるが、ネットユーザーたちもSNSでさまざまに発信しており、「防災グッズ」がトレンド入りした。

 ツイッターには「防災グッズ用意してある?  いまのうちに用意しておいた方がいいよ」などと、防災グッズの準備、防災バッグ(非常持ち出し袋)の中身の点検を呼びかける声が多数あがっている。グッズの具体例としては、懐中電灯、電池、ラジオ、水、保存食というあたりが頻出品目だが、ホイッスル、ロープ、軍手、ポンチョ、携帯トイレ、カセットコンロとガスボンベなどをあげるユーザーも少なくない。猫のトイレ用の砂が人間にも使えるとのアイデアもあった。

 災害発生時は停電になり、店舗などでのキャッシュレス決済ができなくなる可能性もあるため、ある程度の現金を手元に確保しておこうとの呼びかけも見られた。ここ1年ほどでキャッシュレス決済の利用頻度が上がり普段は現金をほとんど使わなくなったという人は、手持ちの現金がどのくらいあるか、この機会に確認しておくといいかもしれない。

 ちょうどいま台風9号、10号の接近が報じられていることもあって、「台風の進路次第では まだ準備してなかった防災グッズ 最低限集めなきゃ」との声や、窓ガラス飛散防止対策としての養生テープについて、「皆、台風が目前にせまってから慌てて買いに奔るものだから、店も問屋もメーカーもパンクしてしまう」との先回りした書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ