タトゥー情報”理由に高級すし店解雇の男性申し立てで議論沸騰…肯定派「タトゥーが一般的になれば」、否定派「行く気無くす」「食べたくない」

 「タトゥー(入れ墨)がある」との情報を理由に解雇されたのは不当として、東京都内の高級すし店に勤務していた男性(20)が申し立てた労働審判をめぐり、ネット上では「タトゥーは芸術であり装飾」「理不尽にも程がある」というタトゥーに寛容な姿勢を求める肯定派と、「高級店で入れ墨していたら解雇されるのは当然」といったタトゥーに抵抗感を示す否定派に分かれ、大きな議論になっている。

 報道によると、男性は1日、すし店を経営する会社に計580万円の損害賠償と係争中の賃金支払いを求める労働審判を東京地裁に申し立てた。男性の代理人弁護士によると、男性の友人が7月、すし店の店長と会食した際に、男性の体にタトゥーがあることを示唆。普段の勤務中の服装ではタトゥーは見当たらなかったが、店側は会食から2日後、事実確認をしないまま男性を解雇したという。

 今回の報道が広がると、ツイッターには「タトゥーあったって真面目に働いてるし、言われなきゃ気付きもしなかったのに、聞いた途端解雇って、ほんまに不当すぎる!!!」「タトゥーを理由に解雇はやばすぎない??何時代の話なん?世は令和ぞ???」「就業規則にないなら解雇は不当なものでしょ」などと店側の姿勢を疑問視する声が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ