東京駅にマスク専門店、10万円もマスクも ネットは冷ややか?「コロナ終わったらどうすんの」

 イオングループのコックスは、8日に公式オンラインストアと東京駅直結の「八重洲地下街」にファッションマスク専門店「Mask.com(マスクドットコム)」をオープンした。SNSやネット掲示板では、コンセプトや10万円もする商品を取り扱っていることが話題になっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、外出先でマスクの着用が求められることが多いなか、同店はマスクを選ぶ楽しさを提供する場を作ることを目的に誕生。オンラインのみならず店舗も同時にオープンすることで、顧客の利便性を向上し、ファッションと一緒に楽しめるマスクを提供する。

 店舗では、マスクコンシェルジュが顧客一人ひとりに合った「あなたに合うマスク」を提案。ファッション性や機能性に特化した200種類以上のマスクを取り揃え、価格は500円と手頃なものからから10万円(ともに税抜き価格)のものまで。10万円のマスクは、スワロフスキー社製のクリスタルガラスが職人の手であしらわれたもので、輝きや上品さがポイントとなっている。

 このほかにも、今後は、好きなデザインを選び、オリジナルマスクを作成できるサービスを導入する予定だという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ