ドコモ口座の不正引き出し ユーザーは混乱「どうしたら予防できる?」 「7payから何も学んでない」との指摘も

 NTTドコモが8日、電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正な預金引き出しが見つかったと発表。被害に遭う可能性が分かりにくいこともあり、ネットでは、混乱し不安を訴えるユーザーが続出している。

 ドコモ口座はスマートフォン決済や送金のためのサービス。利用者がドコモ口座を開設し、任意の銀行口座と連携すれば、銀行からドコモ口座に入金(チャージ)し、スマホ決済の「d払い」や電子送金が行える。

 同社は9日、既に被害が出た銀行を含む計17行の口座とのひも付けを停止、一部の銀行についてはすでにひも付けられた口座からドコモ口座へのチャージも停止したことを明らかにした。これまでに少なくとも地方銀行など7行で被害が確認されており、同社では実態の把握を急いでいる。

 ドコモなどによると、銀行の口座番号やキャッシュカードの暗証番号が何らかの手口で不正に盗まれ、預金をドコモ口座にチャージ(入金)する手法で不正に引き出されたという。銀行によっては成り済ましを防止するための「2段階認証」などが導入されておらず、メールアドレスさえあれば開設可能で、フリーアドレスを使えば容易に成り済ましが可能だった。ドコモ口座と連携している銀行は計35行あり、2段階認証を導入している銀行で被害は確認されていないという。

 この事態を受け、ツイッターには、「ドコモ口座を開設してないのに10万円も被害を受けた。通帳記入するまで気付かなかった」など、被害に遭ったとの訴えをはじめとする関連ツイートが殺到している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ