きのこ派?たけのこ派?国民大調査始まる 幻の「すぎのこ村」思い出す人も

 大手製菓メーカーの明治はロングセラーブランド「きのこの山」「たけのこの里」に対する愛の深さを調査し、47都道府県ごとに分析する「きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020~愛こそニッポンの元気プロジェクト~」を15日から開始した。2018、19年には「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」を行い、それぞれ1勝1敗という結果に。全2回の投票数の合計は2651万8982票に上り、多くの国民が参加した注目の企画となったが、今年は少し趣向を変えたプロジェクトを実施する。

 今回は、100年の節目を迎える国勢調査に乗じて「国民大調査」と題し、参加者の「きのこの山」「たけのこの里」に対する「愛のタイプ(全47種)」と47都道府県ごとの「愛の量(調査参加状況)」をアンケートで調査。結果を分析し、各県ごとにどのような愛の傾向がみられるかを「全国LOVE MAP」で公開する。参加方法は、対象商品を購入し、バーコードをハガキに貼り付けて回答する「ハガキで調査」と、WEBによる「WEBで調査」の2通りで、実施期間は12月14日まで。

 WEBでの調査では、「きのこの山」と「たけのこの里」から好きな商品を問うものをはじめ、住んでいる都道府県や血液型などの基本データ、好きな商品と一緒に飲む(飲みたい)もの、好きな商品を食べ始めたキッカケなどを選択肢から選ぶユニークな質問が用意されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ