有名企業も“参戦”天下分け目の「関ヶ原2020」が大盛り上がり 「すごい、三成迎えにホントにMKタクシーきた!!」

 東西あわせて10万人以上の兵力が激突した天下分け目の関ヶ原の戦いから420年の時を経て、ツイッターでは15日、「関ヶ原2020」がトレンドで急上昇。慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)の合戦の様子を再現したかのようなツイートが殺到した。石田三成ら武将を名乗るアカウントの投稿が「ちゃんと史実通りの展開で関ヶ原合戦をしてるのほんとにわかりやすいし、入れ方が自然に入れてくるからマジですごいな」とネットユーザーに大ウケ。シャープやMKタクシーといった企業の公式アカウントも“参戦”し、ツイッターは大盛り上がりとなった。

 開戦前夜の14日午後8時すぎ、西軍を率いる“石田三成”はツイッターで「先ほどリモート軍議が終わりました。赤坂に着陣した徳川方が、大垣城を無視して大坂城に出向くとの情報を入手。我らも夜中には大垣城を出て奴らを迎え撃つことに決しました」と報告。迎え撃つ場所として、中山道や伊勢街道に抜ける交通の要衝、関ヶ原の名を挙げ、決戦地を予想した。

 一夜明けた15日午前7時、徳川家康率いる東軍の布陣が終わり、いよいよ決戦。午前10時、“三成”は戦場で「三成、動きます」と宣言するも、総大将である毛利輝元はじめ西軍諸将の動きは鈍い様子。焦燥感にかられた“三成”は「なぜだ……!なぜ島津も毛利も長宗我部も小早川も皆々動かぬ!?!?!これがソーシャルディスタンスなのか!?!?!?」と嘆く。午前11時前には“小早川秀秋”が「西軍から東軍に寝返るぞ!」と本音を吐露。戦況は西軍にとって芳しくなく、三成と熱い友情で結ばれた“大谷吉継”(生きてるだけで褒めてくれる刑部bot)は午後0時半、「治部(三成)、楽しかったぞ。また会おう」と告げて最期を迎えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ