パナ開発の星空を邪魔しない照明に賛辞相次ぐ 「東京で天の川が見れる日が来るかも」

 その理由としては「地方いたときは当たり前のように天の川見えてたのに都内引っ越したら見えないのが当たり前だったのちょっとショックだった また星が普通に見える夜を堪能したい!」「都会に引っ越してから、田んぼだらけの故郷よりも星が見えなくなった。これ広まってほしいな」など、地方出身のユーザーが都会に転居して感じた夜空への落胆が多く見受けられるほか、「子どもの頃めっちゃ天の川見れたのに、今は月しか見えないから光害なくなってほしい」と、同じ場所であっても都市化が進んで、夜の街が明るくなってしまったことへの嘆きも見られた。

 また、「子供が星空に興味を持ってくれたら良いね」「都心部のこどもたちは驚くだろうなぁ。本当の星空を見せてあげたい」と、幼い頃から星空が見える環境で子供に育ってほしいとの願望も散見された。

 今後の展開については「全国で取り換えてほしい」「日本全域に広がるといいね」「東京で天の川が見れる日が本当に来るかもしれない」「ビル街の夜景と星空が綺麗に共存する未来。きてほしいな」などと拡大に期待をかけるユーザーがほとんど。なかには「世界中で使われる予感しかない。夜空が変わるよね」とグローバルな夢を語る人も。

 このほか「各メーカー開発してほしいな パナの照明はコスト高いから価格競争して」といった提案や、「でも防犯の観点から、どうなんじゃろ?」と防犯効果の低減を懸念する投稿も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ