来てくれとは言えないけど…別府の観光促進キャンペーンに「爆笑」「泣いた」の声

 新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けている観光業だが、政府の観光支援事業「Go To トラベル」を利用して旅行を楽しむ人も多く、9月のシルバーウイークには観光客が集まり、活気を見せた地域もあった。そんななか、大分県別府市では23日から秋・冬の別府温泉観光を促進するキャンペーン「別府温泉 おもてなし再開」がスタート。キャンペーンのウェブサイトや全16種のムービーが「おもしろい」などと好評だ。

 働く人の9割近くが宿泊業や飲食業を含むサービス産業に従事し、名実ともに観光の街である別府市。しかし、新型コロナウイルスの影響で、3月上旬から実質的な休業状態が続いていた。キャンペーンでは、12の主要観光施設スタッフ、そして長野恭紘市長が出演するPRムービーを制作。ムービーでは、本業の「おもてなし」がしたくてウズウズしている気持ちを押し出し、それぞれの出演者が明るく、ユーモアたっぷりに、コロナ状況下での感染対策などを伝えている。

 ウェブサイトのトップページ下部には「もうウズウズの限界なんでっ!」のコピーが大きく掲載されて、「別府は働く人の約9割が観光業やけん、誰も来ちくれんかったら大変なんでっ!おもてなしをしたくて、もうウズウズの限界っちゃっ!」と訴えかけた。その一方で、コロナ禍での外出を避けたいと考える人に寄り添いながら「大手を振って『来ちょくれ!』とはまだ言えん…」とし、「でもせめて『待っちょんで!』とは言わせてほしいっ!」と思いをぶつけた。

 ムービーはSNSで拡散され、視聴した人からは「良く出来てる 全部見たよ」「別府温泉のおもてなし再開キャンペーンのコピーいいなあ」「別府頑張れ!応援しちょんで!」などの声。大分県にゆかりがある思われるネットユーザーからも「爆笑 これを見たら今すぐ別府に温泉に入りに、大分に帰りたくなった」「故郷大分別府の逆襲が始まった!!別府サイコーやな!!」「別府の良さが詰まってますねぇ…」といった書き込みがあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ