気分は「ナイトライダー」? 車載用Echo発売にAlexaユーザー歓喜 「思ってたんと違う」との声も

 米IT大手のアマゾンは25日、車載用Echo端末「Echo Auto」の日本国内販売を開始すると発表。本国では2018年から販売されており、国内販売を待ち望んでいたAlexaユーザーやガジェット愛好家からは「来た!ついに!」など歓迎の声があがっている。

 同製品はスマートフォンのAlexaアプリを介してインターネットに接続。車内の騒音や音響特性に配慮し、8つのマイクを内蔵している。車内のシガーソケットやUSB充電端子から給電、オーディオケーブルやBluetoothでカーオーディオに接続し音声を出力する仕組み。取付用にエアコンの送風口用アタッチメントが付属する。価格は税別4980円で、すでに予約を開始しており30日から出荷を開始する。

 ツイッターには、Alexaユーザーから「アレクサ、やっと車に乗ってくれるのか」「待ってた」「神降臨やん」「車でもAlexa呼べるとか買うしかない!!」「自宅でEcho使うの慣れてるから欲しくなる」など、喜びの声が多数寄せられている。

 ほかのEchoシリーズ同様、音声で指示を出し、各社の音楽ストリーミングサービス、ニュース、同社のKindleストアで購入した書籍の読み上げなどが可能。クイズコンテンツや絵本の読み聞かせなど、子供向けのコンテンツも利用できるが、「車内で音楽を聞く用途よりも、運転中クッソ眠い時にどうでもいい質問をしてAlexaの珍回答で目が覚めるという使い方をしたい」など、同社がアピールしている以外の使い方に期待するユーザーも。

 一方で、本体には通信機能を内蔵せず、スマホ経由でモバイル通信を利用する仕様であるため「通信量が気になる」「パケ死することにならんのかな…」との不安の声や「単体で使えないなら面倒なだけだなあ。思ってたんと違う」「なんだ、Cellularモデルがあるわけではないのか」など期待外れとの書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ