今年は内定式もオンライン 「ネイルしてても問題ないかな」「寝巻きで参加出来る」 悩む内定者、さまざまな反応

 来春入社の大学4年生らを対象に、多くの企業で例年10月1日に実施される内定式。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年は内定式をオンラインで開催する企業が増えているようだ。SNSでは「100人超える内定者でどうやってオンラインで内定式やるんだろう??」「オンラインの内定式とか味気ないよな」とさまざまな声が寄せられている。

 産経新聞の報道によれば、大手企業の来春入社組はこれまでも就活・採用の主要イベントである説明会、面接などがオンライン化しており、直接対面がゼロとなるケースが主流。経団連の会員企業へのヒアリングによると、内定式を対面で行う企業は全体の2割弱で少数派となっているという。この異例の事態に戸惑う人も少なくなく、ツイッターには「オンライン内定式まじで想像つかん」「オンラインでやるの嫌すぎる」「なんとも言えないね」「なんか家でスーツ(上半身のみ)とか本当アホらしいなニッポン」といった声が噴出した。

 これからオンライン内定式で活用されそうなのが、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」。式に臨む大学4年生からは「Zoomで200人以上がビデオonって大丈夫なのか?」といった懸念する声がもれ、すでにオンライン内定式を終えた学生のユーザーからは「画面offだった 寝巻きで参加出来る」といったアドバイスも寄せられている。

 自宅の環境や身なりについて不安や悩みを抱える人もいるようだ。SNSには「ゲーミングチェアでオンライン内定式出たくねえな」「服装は私服かスーツか。私服でいいとは書いてあるけど、実際どうなんやろ。。。」「ネイルしてても別に問題はないかな……??」「本当モチベーション上がらないよねー」と心配する声が相次いであがった。

 オンラインの内定式典終了後に、内定者と会社側とで、オンライン飲み会ならぬ“オンライン懇親会”を開催する企業も。そのためのお茶菓子などを入れた小包を配送した企業もあるようで、「会社からオンライン内定式用の酒届いたわろた」という人のほか、「オンライン内定式後のオンライン懇親会のために内定先からお茶菓子配られるって話ワロタ」「はじめましての人たちといきなりオンラインで話せって言われも緊張しちゃあ~」といった反応がみられた。「会社から『ご飯代としてアマギフ(アマゾンギフト)3000円分渡すよ!出前館ならアマゾンペイ使えます!』ってメールが来たんだけど」と明かした人は、「ここ田舎すぎて出前できるお店が少なすぎる故に寿司か釜飯かの2択しかないっていう話する?」とこぼした。

 一方、午前と午後の2部制をとるなどして対面開催を模索する企業も。そうした企業の内定者とみられる人からは「内定式オンラインかなと思ったら ふつーに対面だし」「今週内定式ヤン、ダルゥ、オンラインでチョチョイのちょいでやればいいのに本社まで赴かんとアカンのオカシイわ」といった声が散見された。

 内定式自体をとりやめる企業も相次いでいる。学業優先を理由とするパナソニックやトヨタ自動車、日立製作所は新型コロナに関係なく、内定式をすでにやめており、「オンラインですら内定式ないという悲しみ」との声も聞かれた。

 コロナ禍の影響で、就職・採用活動でも会社説明会や面接をオンラインで受け、対面なしで内々定を受けている学生も。入社まで対面がない「フルオンライン就活」もあるといい、こうした時代の変化に「仕方ないけどちょっと寂しいな…」「いよいよ内定式までオンラインか……。同期と対面することも許されないなんてなあ」と寂しがる人も少なくない。一方で、「内定式をしない企業すらあります。これを機に内定式の風習をやめて、入社式に専念させてもらいたい。集めるのであれば、内定式ではなく、違う形にすればいいだけ」と提案する人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ