G、A、Mに続いて…アップルで大規模障害 「メール送れん」「音楽聴けない」などネット民から“悲鳴”  「次はF?」との予想も

 米IT大手アップルのクラウドサービス「iCloud」をはじめとするネットワークサービスの多くで、日本時間(以下全て日本時間)の30日朝から一部のユーザーで認証問題、接続障害が発生。同日正午過ぎに同社が全面復旧をアナウンスしたものの、同社製品やサービス利用者の間に困惑が広がった。

 障害が発生したのはメールやオンラインストレージを統合したクラウドサービスのiCloudのほか、音楽・動画配信の「Apple Music」「Apple TV+」やソーシャルゲームネットワークの「Game Center」、アプリ販売の「Mac App Store」など、同社のクラウドビジネスおよびコンテンツ配信ビジネスの根幹をなす複数のサービス。特に日本はスマートフォン市場での同社製「iPhone」のシェアが高く、iCloudを前提にモバイル機器を使うユーザーが多い地域だけに、正午時点で「iCloud」が検索トレンドトップに上るほどの高い関心を集め、混乱が拡大したことがうかがえた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ