AI技術悪用でわいせつ画像公開“ディープフェイク”で初の逮捕者 ネット「やっぱ出たか」「この技術をいい方にいかしてくれれば…」「サラブレットか?」

 人工知能(AI)技術を使って女性芸能人のわいせつ動画を無断で作成し、インターネット上に公開したとして、警視庁保安課が2人の男を逮捕したというニュースが2日、ネットで大きな注目を集めた。同課の話では、「ディープフェイク」と呼ばれる精巧な偽動画で、女性芸能人とアダルトビデオ女優の画像を合成していたという。こうした偽動画に関連した事件の摘発は全国で初めてで、同日、ツイッターで「ディープフェイク」なるワードがトレンド入りするなど、ネットにさまざまな反応が集まった。

 報道によると、同課は名誉毀損と著作権法違反の疑いで、熊本市の大学2年の男と、兵庫県三田市のシステムエンジニアの男を逮捕した。2人はネット上で「ディープフェイク職人」と呼ばれていたという。ディープフェイクとは、「ディープラーニング(深層学習)」と「フェイク(偽物)」を組み合わせた造語。人工知能の顏認証技術を悪用した偽動画などを指し、今回の事件では、既存のアダルト動画の出演者の顔が、若手の女性芸能人の顔にすげ替えられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ