台風14号発生 アジア名「チャンホン」に空目続出 「大盛りで!!」などと大喜利状態に

 気象庁は5日、同日午前9時、日本の南で熱帯低気圧が台風14号に変わったと発表。今後のコースによっては、今週末に日本列島を直撃する可能性も予想されることや、台風のアジア名が「チャンホン」であることなどから、ネット民のさまざまな反響を呼んでいる。

 同台風は、ゆっくりした速さで西へ進んでおり、中心気圧は998ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南側280キロ以内と北側140キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。ラオスの言葉で熱帯性常緑樹のビャクダン(白檀)を意味する「チャンホン」と名付けられた。

 ツイッターには、「かえれ」「こなくていいからぁぁぁあああああああああ」「逸れていってくれー」「仕事休みになると休日出勤増えるからやめてほしい」など、襲来回避を願うネット民の声が殺到。仮に上陸すると予想すると、週末に重なりそうなことから「休日に来るな」「長く待ったバイクが納車なのに」「えーーー キャンプ行くのに!!」「な、なんだと…週末のテント泊が…」など、楽しみにしていた予定が台なしになると危惧する声も多く見受けられた。

 先々週に最終回を迎えたTBS系ドラマ「半沢直樹」で、市川猿之助が演じる東京中央銀行の伊佐山泰二証券営業部長が主人公の半沢直樹に「詫びろ」を連呼する場面をもじって「逸れろぉ 逸れろぉ 逸れろぉ 逸れろぉ 逸れろ!!!!!」と叫び念ずるような投稿が見られる一方で、「来るついでに学校休みにして、それなら許すよ」という学生も。

 「何で今回はこんなに予報円デカいのか…」との書き込みのとおり、今回は特に進路予測が難しい様子。実際に、ウェザーニュースは北上して九州縦断、tenki.jpは西に進んで沖縄、南西諸島を直撃、と全く異なるコースを予測しており、「しかしここまで進路がサイトによって違うのか」と驚くユーザも少なくない。9日から10日にかけて、急速に東に進路を変えるとの予測もあることから、「危ない曲がり方がしてくるぞぉ~!!」と本州直撃を懸念するコメントも見られた。

 「去年の台風19号もちょうど今頃だったのを思い出したよ」との指摘があるように、昨年10月12日に日本に上陸し、関東、甲信、東北地方に甚大な被害をもたらした「令和元年東日本台風」が19号だったことから、「14号!? 今年は台風少ないね」との反応も。

 進路以外では名称も話題に。「なんだよそのチャンポンみたいな名前!」とのツッコミどおり、長崎名物の麺料理、チャンポンと空目する人が続出。「美味しそうな名前」「食べたくなった」「名前見た瞬間みんなが絶対に思ったであろう事は言わない」「自動変換では『ホ』まで来ると『ポ』になってしまう」などのツイートのほか、「長崎の?」「大盛りで!!」「長崎直撃待ったなし(違う」「リンガーハットかな?」「長崎通るなら大阪にラーメン持って来て」「15号はタンメンかなぁ~」「K-POPグループのメンバーにおりそう」と、ボケる人が相次ぎ、さながら大喜利状態となっている。

 前述したとおり、進路予測が難しいため、今後の予報を注視し、警戒を心がけたい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ