観覧車でテレワーク よみうりランドのワーケーションプランにSNS騒然「この発想すごい」「通勤手当は出るのだろうか」

 よみうりランド(東京都稲城市)は、プールサイドの特設スペースを仕事のためにレンタルできる新プラン「アミューズメントワーケーション」を今月15日から開始する。すでに予約を開始している同プランでは、観覧車を利用することもでき、ネットユーザーの関心を誘った。

 テレワークを導入する企業が増え、最近では「ワーク」(仕事)と「バケーション」(休暇)を掛け合わせた「ワーケーション」なる言葉もよく耳にするようになった。これはリゾート地や地方などの職場ではない環境で、働きながら休暇を取るといった働き方だ。

 同プランには入園料、ブース使用料、電源・WiーFi利用料が含まれており、最大4周までの観覧車1時間乗車券も付属される。利用料金は平日なら1人1日1900円、土日祝および特定日は2000円。1ブースにつき2人まで利用でき、ペア料金は平日、土日祝日問わず3600円(いずれも税込み)となっている。また、車で来園する場合、駐車場料金は無料となる。

 ユニークなプランはSNSでも話題になり、「お、こりゃマンネリ防止にいいかも」「なかなかロックなワーケーションだなw」「よみうりランドの新しい利用の仕方~!面白い!」「よみうりランドでお仕事。笑 クリエイティブな仕事してたらめっちゃいいかも」などの声がズラリと並んだ。

 なかでも注目されたのが観覧車1時間乗車券。観覧車もWi-Fi完備で、観覧車からリモート会議に参加することも可能だ。

 “観覧車でテレワーク”という斬新なシチュエーションはネットユーザーの胸を躍らせ、「よみうりランド観覧車4周をテレワーク向きに貸すサービス…面白い事を考えるわねw」「観覧車でコード書くの楽しそう」「この発想すごいなあ…普通に行きたいw」などと好評。「観覧車に1時間乗って仕事が捗る人間、存在するのか???」「盛大に酔いそう…」といった冷静な意見もあったが、「テレビ会議の相手が観覧車にいたら驚くな。。。」と想像する人や「面白い企画だけど、よみうりランドまでの通勤手当は出るのだろうか」とボケる人もおり、斬新なアイデアでネットを沸かせている。

 同社の公式サイトでは、仕事が終わったあとは家族と合流して遊園地を楽しんだり、温浴施設「丘の湯」やゴルフ練習場「よみうりゴルフガーデン」で汗を流したりと、充実したアフター5を過ごせるともアピール。さらに、モデルプランとして同プランを活用した1日の過ごし方も提案している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ