「#ワークマン女子」1号店が16日オープン ネット民は「行かなきゃ」「なんでその名前」など賛否

 作業服大手のワークマンが10月16日に、インスタ世代の女性客をターゲットにした「#ワークマン女子」の1号店を横浜・桜木町駅前のコレットマーレにオープンする。“男性向け”のイメージが強いなか、SNSとリンクさせた新業態店舗の登場に「これはキャンパー女子行くでしょう」「なんでその名前にしたのか…」などネット上で賛否の声が飛び交っている。

 同社によると従来のワークマンは「男性的な店舗で、女性がやや『肩身の狭い思い』をしていた」という。「#ワークマン女子」1号店は同社最大級の売場面積を持つ旗艦店の位置づけで、売場構成を女性専用売場40%、男女兼用のユニセックス20%、男性専用40%とするなど、これまでのモール店に比べ女性専用売場を2.5倍に拡大。女性向けエリアを店舗の前面に配置して入りやすさを意識するなど、店舗入り口から見ると完全に「女性専用店」に見えるという。

 インスタ世代の女性客を取り込むために、店内に巨大なバラとメルヘン調の2人乗りブランコを置くなど、随所にインスタ映えするフォトスポットを設置。ゆるキャラ 「わくこ!」と一緒に写真撮影もできる。購入済みの商品や試着品を着て、店舗からSNS発信できるスポットも設けるなど、これまでの中心だった35歳以上の女性客より下の若い層の取り込みを狙う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ