日本初の糖質ゼロビール 技術は評価しつつも味は賛否両論 「マジで感動」「おつまみありき」「一番搾りである必要がわからん」

 軽めのテイストから、「バドワイザー好きな人すきそう」「KIRIN好きには物足りないかもだけど、アサヒビール派は好きと思う」「キリン一番搾りはあんまり好きじゃないけど一番搾り糖質ゼロビールはアリだ」との意見もあった。

 また、「こってり濃厚な料理にグイグイ飲む感じな気がします」「単体だと少し物足りないかもだけど、食事と一緒だと良いかもです。唐揚げにはバッチリ合いました」「一口目はおいしかったけど、これはおつまみありきかな…単体だと3口目くらいから、だったらビールじゃなくてよくね?ってなる」など、ビールだけで飲むよりも味の濃いつまみと合わせて飲むのが適しているとの指摘も散見された。

 中には、「これはキリン界のゲートドラッグですね。糖質ゼロを飲むことでキリン飲みたい欲が喚起されて、ダイエットを放り投げてでも、普通の一番搾りが飲みたくなる。沼に落ちてしまいますよこれは」と深読みする人も。

 一方、「薄い、発泡酒よりも薄く感じる」「味がノンアルコールビールっぽくてワシには合わんかった」「飲んだ瞬間甘みが足りねえ~ってなった」などの否定的な反応もある。その理由としては「キリンラガーよりちょい苦で味は(発泡酒の)淡麗 つまり糖質気にしてる人以外はあえて飲むは必要ない」「一番搾りの名残は無し!! 口が一番搾り呑む感覚で呑んだから”不味っ”ってなった でもよく呑む糖質ゼロ系の(発泡酒の)味でした」など、発泡酒との差異を見出せないとのコメントや、「期待が大きすぎた分(味に深みなく淡白すぎて)元祖一番搾りの旨みも感じられず大変残念でした」「微妙。味薄いし、さっぱりしすぎ。これが一番搾りである必要が正直わからん」など、固定ファンの多い人気ブランドである一番搾りのバリエーションとしてリリースされ期待値が高かった分、失望したとの書き込みがあった。

 ただ、「(発泡酒の淡麗)グリーンラベルの方が美味しいかな」とダメ出ししつつも、「糖質ゼロの技術は素晴らしいし健康を考えると最高」というように、ビールで糖質ゼロを実現した同社の試みに対しては高く評価する反応が多く、「味が薄いことをあれこれ言うのではなく、糖質ゼロでビールが飲めることに感謝するビール」との冷静な受け止めも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ