超リアルな「セブンガー」のロボット玩具登場にネット民大興奮「朝から鼻血出そう!」

 現在放送している特撮テレビドラマ「ウルトラマンZ」(テレビ東京系)に登場する対怪獣ロボット「特空機1号セブンガー」の超リアルなロボット玩具が発売され、その予約受付が、9日午後2時からバンダイプレミアムで始まる。ネット民は「めっちゃすごいのきた!」「1万円のセブンガーとか決定じゃん」「速攻で予約します!」「鼻血出そう!」などと朝から興奮状態で、関連ワードがツイッターのトレンドに入る盛り上がりを見せている。

 セブンガーはウルトラマンZの防衛チーム「ストレイジ」が所有する対怪獣用ロボット「特空機」の第1号。同作を手掛ける円谷プロの造型部門が監修協力した『光る!鳴る! 特空機1号 セブンガー』は、劇中ギミックを細部まで再現できるロボット玩具。全身20カ所が可動し、足首や胸部のパーツにはダイキャストを使用して重厚感を持たせている。頭部に内蔵したLEDにより瞳が黄色く発光するなど劇中さながらのリアルさが魅力だ。

 右腕のスイッチを押すと前腕が射出され、必殺技の「硬芯鉄拳弾」を繰り出す。背中の音声ボタンを押すと「セブンガー着陸します。ご注意ください!」といったAIボイスや鳴き声、攻撃音などの効果音を発し、主人公のナツカワハルキ、ストレイジ隊員のナカシマヨウコの劇中セリフなどキャストボイスを計50種以上収録している。販売価格は9900円(税込み)で、予約受付期間は10月9日午後2時~11月30日午後11時。発送は2021年3月を予定しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ