PS5の決定ボタンを「×」に世界統一、日本ユーザーから賛否「地味に改悪」「日本の消費者にもメリット」

 日本や米国など7カ国で11月12日から発売される次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)5」だが、複数メディアの実機体験レポートなどから、コントローラーの決定ボタンが日本で親しまれてきた「○」から海外仕様の「×」に変更されていることが判明。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)がこれを認めるコメントを出したことで、ネット上には「地味に改悪」「ややこしい」「日本の消費者にもメリットある」といった賛否の声が入り乱れている。

 ゲーム中にアクションを選択する際に、プレーヤーの「はい」の意味として使用される決定ボタン。これまでPSの日本仕様では「○」がその役割を果たしてきたが、欧米では「×」が主流。PS5に触れる機会があった記者たちから「○から×への決定ボタンの変更」の報告が相次ぐと、「まじか、Xboxと同じになった」「日本人切り捨て」「日本に合わせろ」「×が決定になった経緯を知りたい」といった書き込みが目立つようになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ