PS5の決定ボタンを「×」に世界統一、日本ユーザーから賛否「地味に改悪」「日本の消費者にもメリット」

 ネット民の関心が日増しに高まる中、SIE広報部は複数メディアの取材に対して「“×ボタンで決定”は事実」「ユーザー側で決定ボタンの割り当てを変更することはできない」「複数の国のゲームがプレイされる環境になり、システムとゲームの間で使うボタンが変わったりすることを避けるためという意味合いが強い」などとこれを認めるコメントを発表。突如として慣れ親しんだ「○」から“キャンセルボタン”として定着している「×」へと真逆の対応を迫られることになった日本ユーザーからは、「アカン、キャンセルするつもりが全部(購入、削除、等々)決定してしまう未来しか見えなくなった…」「せめて『はい』『いいえ』みたいに、左からYES・NOが並ぶようにしてくれ」などと否定的な意見が噴出している。

 一方、XboxやPCゲームといった欧米式の「×=決定ボタン」にも使い慣れている日本ユーザーからは、「海外ゲームをやる日本人、日本のゲームをやる外国人の両方に対する配慮なんだしちゃんと日本の消費者にもメリットがあるぞ」「むしろ日本が少数派なんだよね」「これはありがたい。ゲームによって違ったり、ゲームからブラウザ飛んだときに反転したりして混乱したりするのが無くなるし、マルとバツの設定反転させるだけで全部統一されることにもなる」などと、操作機のグローバル化を歓迎するコメントも多数。否定派に対して「大丈夫。すぐ慣れるさ」といった優しい言葉をかける人や、「慣れるためにPS4の決定ボタンを×に変更しておいた」とPS5への対応に向け、準備を始めたというユーザーもいた。

 PS5の希望小売価格は従来型のディスクドライブを備えたモデルが4万9980円(税別)で、ディスクドライブのないモデルは3万9980円(同)。欧州や中東、南米、アジアなどほかの地域は11月19日から発売する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ