柿の種が3倍の長さに? “超柿の種”の写真にネット民仰天「折れずに耐えた強度がすごい!」「幸せなことありそう」

 一般ユーザーが14日にツイッターに投稿した亀田製菓を代表する米菓「柿の種」の写真が、ネット民を仰天させている。そこに写るあられの長さは、なんと通常サイズの約3倍。度肝を抜かれたユーザーから「折れずに耐えた強度がすごい!」「一日幸せなことありそう」などと驚きのコメントで大賑わいとなっている。

 ピーナツとの絶妙なバランスで、おやつにおつまみにいろいろな場面で大活躍の柿の種。今回ネット上で話題となっているのは、唐辛子の辛味をきかせた醤油味の長楕円形のあられの異常な長さだ。

 学習塾の経営者と思われる投稿主は、3粒のあられの隣に並べた1本の長いあられの写真を投稿。通常サイズとの長さの違いは一目瞭然で、「中1男子がおうちでおやつに柿の種を食べていたら、通常の3倍の長さの“超柿の種”が出てきたと写真を撮ってきてくれました。『先生!ついったーにあげてバズらせてください!』と言われています。よろしくお願いします」とのメッセージをツイートした。

 この投稿にネット民は即座に反応。「工場で箱詰めされて出荷され、お店での品出し、さらに選んだり選ばれなかったりの人生を経て、スーパーからお家までの道のり、その全ての時に折れずに耐えた強度がすごい!!」「良く折れてなかったね、素晴らしい」などと“異形あられ”の生命力の強さに賛辞が殺到したほか、「私も3倍以上の長さの柿の種食べました」「長さ一個分負けた」などと同様の経験をシェアするユーザーも続々。そのほか「ハート型」や「全然だけどこの機会に過去に撮ったの貼らせてください」と魚の形をした柿の種の画像なども相次ぎ投稿されると、これに対して「おっとっと」とのツッコミが入るなど、ネット民の間で大いに盛り上がりをみせている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ