「自宅に“職場”の工夫」 リフォームや家具で快適テレワーク  

【近ごろ都に流行るもの】

 大手企業が続々とテレワークの標準化を打ち出し、在宅勤務が常態となりつつあるなか、自宅の中に職場を整えるリフォームや家具の購入が活況だ。「衣・食・住」にプラスして「職」の要素も求められるウィズコロナ時代の快適な住宅へと、シフトチェンジが進んでいる。狭小な都会の住宅でもやり方次第。効率的なワークスペース作りの創意工夫が目を引く。(重松明子)

 横浜市郊外、東急田園都市線の主要駅近く。昭和の郷愁が漂う築50年を経た団地2階のドアを開けると、モダンな住まいが表れた。

 漆喰(しっくい)や無垢(むく)材の壁や床。リビングダイニングの一角には、本棚に照明付きカウンターデスクの“書斎”が作り付けられている。

 「このスペースは妻が出勤前の支度をする化粧台。私の方は在宅勤務メインなので、昼間仕事で使っています」。都内の食品メーカー営業職、石井亮さん(36)が説明してくれた。さらに「子供が大きくなったらここで勉強させたい。キッチンからも目が届きますから」と、妻の銀行員、有紀さん(35)が付け加えた。

 長女(1)の誕生を機にフルリフォーム。「コロナは想定外でしたが、やっておいてよかった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ