GoTo、次は「商店街」にぎわい戻るか

 トラベル、イートの次は「商店街」。新型コロナウイルスに対応した需要喚起策「Go To キャンペーン」のうち商店街を支援する事業「Go To 商店街」が19日始まった。コロナ禍で人通りの激減した地域の商店街ににぎわいを取り戻す狙い。各地の商店街では順次、ハロウィーンやイルミネーションのイベント、新規店舗の開店などが検討されている。ただ、補助金は「後払い」とされたことから事業への申請を見送った商店街もあり、経済産業省は「先払い」へ変更する検討を始めた。

 ■コロナで閉店も

 「各店舗がコロナで疲弊しているのでありがたい」。こう話すのは事業が採択された松江天神町商店街(松江市)の荒木彰浩理事。同商店街など3商店街はさっそく20日、動画を使った商店街の魅力発信をスタート。11月10日からはベロタクシーや自転車の飲食物のデリバリーを始め、タイで普及しているトゥクトゥク(乗用バイク)も運行させる。

 「商店街」は消費者や生産者らが地元や商店街の良さを再認識するきっかけとなる取り組みを支援する。イベントだけでなく、新たな商材の開発やプロモーションの制作も対象。審査を通過した1団体あたり300万円を上限に補助。2団体以上連携する場合は団体ごとへの補助とは別に最大500万円を上乗せする。16日に第1弾の50団体34事業が採択され、19日から順次、取り組みが始まる。

 「50日で50の催し」を行うのは滋賀県守山市の3つの商店街。取りまとめを行う事務局によると、各商店街とも新型コロナの影響で人通りが減り、飲食店を中心に売り上げが落ち込み、閉店に追い込まれたケースもあった。担当者は「『毎日何かのイベントをしている商店街』として反響を呼びたい」と意気込む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ