「鬼滅の刃」23日からアニメ版を放送 関西テレビ

 関西テレビ(大阪市)は21日、現在公開中の映画が記録的な人気となっている「鬼滅の刃(きめつのやいば)」のアニメ版を、23日午後7時から関西ローカルで放送すると発表した。全26話のうち、同局系で10、17両日夜に「土曜プレミアム」として放送した内容に収まらなかった計14話を、毎週2話ずつ放送する。

 土曜プレミアムでは、アニメ版の1~5話を「兄弟の絆」、15~21話を「那田蜘蛛山(なたぐもやま)編」として放送。視聴者から全話の放送を望む声が多く、急遽(きゅうきょ)、編成を決めた。6~14話を23日~11月20日、22~26話を11月20日~12月4日に放送する。

 鬼滅の刃は吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの漫画が原作。大正時代の日本を舞台に、家族を鬼に惨殺された主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、生き残ったが鬼に変えられた妹を人間に戻すため、剣士が集まる討伐組織「鬼殺隊」に加わり、鬼狩りの道に進む。

 剣士や鬼らが背負うさまざまな過去や複雑な心情が丹念に描かれ、単行本の発行部数は累計1億部(電子版を含む)を超える。今月16日公開の映画「劇場版『鬼滅の刃』 無限列車編」は初日から3日間で、興行収入が46億円を突破する記録的な人気を博している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ