宮城で大崎市長ら16人感染

 宮城県と仙台市は21日、男女16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は大崎市の伊藤康志市長(71)。県内の感染確認は計1091人となった。大崎市によると、伊藤市長は入院中だが重篤ではないという。

 県などによると、伊藤市長は16日に鼻水や喉の痛みの症状があったが業務は続け、18~20日は東京に出張していた。接触があった人の感染が確認されたため20日に検査を受け、陽性が判明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ