光岡自動車の注目SUV「バディ」は469万円台から ファンから早くも「俺はこれに決めた」「買います」宣言も

 カスタマイズカーを製造販売する光岡自動車は26日、同社が初めて手掛けたスポーツ用多目的車(SUV)「バディ」を正式に発表し、先行予約の受け付けを開始した。販売価格は469万7000円(税込み、以下同)から。ユーザーのなかにはさっそく「俺はこれに決めた」「買います」宣言が飛び出すなど、独特の存在感で自動車ファンの心をくすぐっている。

 先月29日にティザーサイトで外観デザインを公開後、ネット民から「カッコよすぎてアカン」「お金貯めていつかはバディに買い替えよう」などと公式サイトがダウンするほど大注目を浴びた新型SUV「バディ」が、ついに正式発表された。

 同モデルは「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」を開発コンセプトに、仲間と過ごすアウトドアからスタイリッシュに走る街乗りまで、幅広い世代が多彩なライフスタイルを楽しめるSUVに仕上げている。遊び心をくすぐるオールドアメリカンのスタイルをまとった外観とは一転、内装はベース車両のトヨタ・RAV4のインテリアをほぼそのままに、モダンでクリーンな印象。外寸は全長4730ミリ×全幅1865ミリ×全高1685ミリで、RAV4より120ミリほど長い。オプションカラーを含めた全18色の展開で、メーカーオプションでパノラマムーンルーフなども選択可能。2リッターガソリンモデルが469万7000円から、2.5リッターハイブリッドは約525万円からの販売となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ