シャープの「サブスク」マスク、“またしても”受け付け停止で励まし続々 「担当者の方に頑張れと伝えて!」「シャープに言われたら仕方ない」

 シャープが1日に同社のECサイトで受け付けを始めた「マスク定期便サービス」だが、アクセス集中の影響でエラーが発生しているとして、2日午前から受け付けを一時停止している。これを受けて多くのネット民は「担当者の方に頑張れとお伝えください!」「シャープさんに言われたら仕方ない。いい子にして待ってよっと」「ファイト~」などと、サイトの復旧作業を温かく見守っている。同社は4月にマスクの先着順販売を受け付けたときも、サイトに接続できないトラブルに見舞われていた。

 同社は1日、自社生産のマスクを毎月1箱30枚入り1650円(税込み・送料無料)で販売して自宅に届けるサブスクリプション型のサービス(1コース最大10箱まで申し込み可能)を開始したが、購入希望者からアクセスが殺到。同社は公式ツイッターで「またかよとつっこまれるかもしれませんが、マスクの定期便サービスの申し込みページがつながりにくくなっております。しばしお時間をあけて、再訪いただけると幸いです」などと呼びかける事態となった。

 2日になっても状況は変わらず、午前10時ごろに「マスク定期便のお申し込みを一時停止しております。完売したわけではないのですが、購入フローの中でエラーが発生したための一時的処置です。再開のタイミングについては、またお知らせいたします。またしても、返す返すも、申し訳ありません」と、お詫びのメッセージを投稿。続けて「またかよ、というお叱りはひとまず私にお寄せください」とつぶやくと、ユーザーからは意外?にも「『またかよ』とツッコミを入れてる方々に『まただよ』とコメント返してるシャープさん好き」「シャープマスクに対する品質の信頼度が凄い」「対応されてる方、お疲れ様です」「シャープな対応ですね」「頑張れ、エラー直してる人」「それだけSHARPのマスクが愛されてるってことやね」などと励ましの言葉が多く寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ