F1参戦の夢かなえたシューマッハー氏長男のインスタ動画にファン感動 20年前の親子の姿に「大人が見ても泣く」「ピュアな愛情」

 自動車レースのF1シリーズで7度の年間総合優勝を果たしたミヒャエル・シューマッハー氏(51)の長男で、来季ハース・フェラーリから念願のF1参戦が決まったミック・シューマッハー(21)が2日(日本時間同)、自身のインスタグラムに20年前の親子の動画を投稿。再生回数がすでに70万回を超えるなど、世界中のファンの間で「大人が見ても泣く」「ピュアな愛情」などと大きな反響を呼んでいる。

 2日にハースとの複数年契約が発表されたミック。今季はF1への登竜門として知られる直下カテゴリーのF2に参戦中で、今月5~6日に開催される最終ラウンド(バーレーン)を残してポイントランキングのトップに立っている。

 彼の父は、フェラーリなどで活躍し、史上最高のF1ドライバーともいわれる元F1王者のミヒャエル氏。現役引退後の2013年にスキー中の事故で頭部に深刻な外傷を負い、現在はスイスの自宅でリハビリに励んでいると伝えられているが、その詳細はほとんど明かされていない。

 そんな中、ミックがハートマークを添えて2日に投稿した1本の動画が、世界中のファンの間で大きな話題となっている。2000年に撮影されたことが画面上で確認できる約30秒の映像には、若き日のミヒャエル氏と幼いミックの姿が…。ミックをゴーカートの運転席に座らせて優しく横顔にキスしたり、笑顔で肩車する父との貴重なツーショットに、ファンから「素晴らしい画だ」「涙が出てきた」「とてもピュアな愛情だ」などと多くの反響が寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ