「ピノ やみつきアーモンド味」売れすぎで販売休止 「もう定番化して」との要望、切実に

 森永乳業は8日、先月23日から期間限定で販売されていたアイス「ピノ やみつきアーモンド味」を販売休止にすると公式サイトなどで発表した。SNSには、ファンからの落胆の声や、同社へ早期の販売再開を求めるメッセージが殺到している。

 予想を上回る売れ行きで、公式サイトの商品紹介ページに「商品を楽しみにしていただいた皆さまには誠に申し訳ございませんが、当面の間、同商品の販売を休止させて頂きます」との断り書きを追記。ツイッターでも「ありがとうございます!」との感謝の言葉とともに「販売再開の目途が立ちましたら改めてご案内いたします」とアナウンスした。

 「ピノ」は同社が1976年から販売しているひとくちタイプのアイスで、なめらかなアイスと口どけの良いチョコが口の中で溶け合う絶妙なバランスが人気の定番商品。「ピノ アーモンド味」は、家族向けの24粒入りパッケージ「ピノ チョコアソート」の中のフレーバーとして92年に初登場して以来、単品化の要望が多数寄せられていたとのことで、「ピノ やみつきアーモンド味」はファン待望の商品だった。

 ツイッターには、「売り切れる前に食べててよかった」「買えてよかった」など、運よく入手できたユーザーの安堵(ど)のつぶやきや、「初日に2箱買えた後、店頭で全く見なくなりました…」との生々しい現地報告が見られる。「美味しかったんです!! すぐなくなったーって思ってました、、、再販お願いします」「凄く美味しかったのでなるべく早く再販売お願い」「アーモンド苦手だけどピノのアーモンド味は美味しい」と、フレーバーも好評で、リピートしたいとのコメントが目立つ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ