どさん子ラーメンから衝撃の「レインボーラーメン」登場 ネット民「美味しそう」「全国展開してほしいw」「フワちゃんぽい」

 どさん子ラーメンは8日、コロナ禍で苦境が続く飲食業界を盛り上げようと、SNS映えする7色のとろとろチーズをアクセントにした「ハッピーレインボーラーメン」を系列の一部店舗で発売した。その衝撃的なビジュアルにネット民からは、「美味しそう」「明らかに混ぜ始めるまでがピーク」「関西の店舗でも販売されたら行かなきゃやわ」などの意見や感想が相次いでいる。

 本商品は「究極のSNS映え」を意識して、どさん子ラーメンを展開するアスラポートと、SNSの分析などを行うスナップレイスが共同開発。2021年にどさん子グループの「カレーラーメン」が生誕50周年を迎えるのを記念して開発したリメイク版「味噌カレーラーメン」をベースに、7色の異なるチーズソースに1枚ずつ絡めたピンクやブルーのチャーシューを順番に並べて、見事なグラデーションを演出している。

 このラーメンの狙いは、飲食店をはじめコロナ禍で苦しむ人たちにSNSを通じて明るい話題を提供すること。SNSでは虹をモチーフにしたスイーツなどが話題を集めていることもあり、「ハッピーレインボーラーメンを食べた人が笑顔で幸せな気持ちになれる一杯を目指している。七色のチーズが明るい未来への懸け橋になるように…」との願いを込めているいう。

 あまりのインパクトの強烈さに、ツイッターには「遊び心があって素晴らしい」「(カラフルな服装で知られるお笑い芸人の)フワちゃんぽい」などと狙い通りの反応が続々。「レインボーラーメン、味噌カレーラーメンなの? 最強じゃん。テンションあがっちゃうな」「人気出たら全国展開してほしいw」「食べたいのに販売店舗が近場にない!悔しい~」などと、どこまで本気だか分からないコメントがずらりと並んでいる。また、一部ユーザーから「どさん子行ったことないんだが、どさん子デビューがレインボーラーメンはありか?w」といったコメントや、「お誕生日ラーメンにいかがですか?!」と友人に勧めるユーザーも確認できるなど、ネット民にとって早くも恰好のネタとなっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ