冬のボーナス大幅減額に「予定狂う」と悲鳴 「ボーナスの話やめて」と拒否反応も

 10日朝のツイッタートレンド上位に「ボーナス」がランクイン。この日が冬期賞与の支給日となっている企業が多く、期待や落胆など給与生活者のさまざまな反応が投稿されたことが原因と見られる。

 ツイッターには「そわそわしますね!」「今日はボーナスの日なので頑張って生きます」など、支給に心躍らせるユーザーや、「朝起きてまず最初にボーナスの入金をチェックした」「ボーナスの金額を確認する時が12月で一番至福」と早速入金を確認したと喜ぶユーザーが見受けられた。

 一部には「今月めっちゃ金持ち」とホクホク顔の人もいるものの、「ボーナスの通知が届いたけど夏より1割減ってるのだが」「明細をもらったけど、がっつり減っていた」「ボーナスの安さで朝から残念な気持ち」「貰えるだけありがたいのは重々承知してますが… それにしても減った…半額近く減った…… 予定狂うなぁ… どこにボーナス割り当てるか色々と考えとったんやが…」など、大幅に減額となったとの嘆きが多く見られる。

 コロナ禍で多くの企業が減収減益を余儀なくされるなか、この冬の賞与についても厳しい予想をしていた人も少なくないようで、「ちゃんと評価して貰えてるようで良かった」「今年はさすがに無しかと思ってたら普通に振り込まれてた」と、無事支給されたことに安堵(ど)するつぶやきも散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ