「ニジゲンノモリ」の“ドラクエの街”誕生 「友達とパーティー組んで行きたい」「関西激アツすぎる」とネット期待

 兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に、人気ゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」(以下、ドラクエ)の世界を再現した新アトラクション「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」が来年春にオープンする。10日、新アトラクションの情報が発表されると、ネットは「行ってみたい」「気になる」などと沸き立った。

 同アトラクションはスクウェア・エニックスの企画・制作のもと、「ドラクエ」の世界をリアルとデジタルを融合させて表現した、フィールドRPGアトラクション。参加者は、オリジナルストーリーに沿いながら、自分自身が物語の主人公となり、冒険を通じて「ドラクエ」の世界を堪能することができる。また、アトラクションには限定のモンスターが出現するほか、オリジナルグッズ、フードなども提供する。

 アトラクションに関する情報が発表された10日、「ドラクエ」の生みの親である堀井雄二さんはツイッターで「ずっと言いたくて内緒にしておくのが辛かったです。やっと言えます」とうれしそうに切り出し、「なんと、淡路島にドラクエの街が誕生します!」と報告。ファンに向けて「皆さん、お楽しみにです」と呼びかけた。このツイートは投稿から3時間ほどで1万4000回のリツイート、「いいね」も2万6000件届き、「ドラクエの街」というワードはツイッターのトレンドにもなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ